言葉にできるもの、できないもの

深くて広い世界

拙者、最近よく思うのですが、

本当に大事なことって、

言葉できちんと表現できないものですねー。

本当に大事なことって、

あまりに深すぎて、広大なものであり、

また未知の世界のことですから、

言葉では簡単に説明ができないわけです。

例えば、繰り返し説明を聞いたり、

ありとあらゆる角度から、説明を聞いても、

いまいちピンとこない。みたいなことですが、

そもそも、見たことのない景色を、

想像することって難しいことですよねー。

まー、ようするに、未知との遭遇ですねー。

(ていうか、お主が未知の存在だわ)

つまり、大事なことって、

言葉で説明するのが難しいうえに、

その情報を聞く側も未知の世界だと、

二倍にややこしいわけですねー。

(お主も結構ややこしいよな)

言葉で伝えられるのは・・・

言語学の分野では、

言葉で伝えられる情報量は、

35%だと言われているようです。

まー、何を根拠にして、

どう判断したのかは知りませんが、

(いちゃもんつけるなよ)

仮に、35%だとすると、

ほとんど説明できてないものですねー。

ま、拙者もそれを聞くと、

そうだよなー。と、うなずくわけですが、

(お主の場合は35%以下だろ)

最近、いろんな人と話をしていると、

あー、言葉だけでは足りない。

伝えきれていない!

ということを、痛感するわけです。

(お主は呂律も回ってないしな)

人はコミュニケーションを

言葉に頼ることが多いものですが、

自分の気持ちを言葉にする場合、

今回は言わない方がいいか。という感じで、

気持ちの全てを言葉しないこともあります。

その反面、

自分の気持ちをすべて伝えようとしても、

なかなか伝えられないこともありますねー。

また、言葉はやさしくても、

その人をダマそうとしている人もいれば

言葉はわるくても、

その人に対する想いを持っている人もいます。

そんなことを考えてみると、

言葉だけで全てを判断しようとすることは

無謀なこと。ということですねー。

言葉の裏にあるもの

言葉はコミュニケーションの道具として、

重要な役割を果たしますが、その反面、

詐欺師が美しい言葉を使うように、

言葉だけで判断すると、

ダマされてしまったりするものです。

ようするに、言葉を単純に判断するのではなく、

言葉の裏にある気持ちや本心を見ようとしたり、

また、その人が言葉を発した時に、

何を考えていたか?を、見ようとすることで、

その言葉の裏にある、

本当の気持ちに近づけるわけですねー。

例えば、気持ちや本心を確かめるには、

その人が普段から

どんな行動をしているかを見てみれば、

普段、言葉にしていることと、

行動とのギャップが見えてきたり、

例えば、窮地に立ったときに、

どんな行動をとったかを観察すれば、

その人の性格がわかるものですが、

深くて広い、大事なことも、

言葉のように単純なものではない。

ということですねー。

(お主は単純だけどな)

真の学問は筆記できない

真の学問は筆記できるものではない

真の学問は行と行との間にあるという、

新渡戸稲造さんの言葉があるようですが、

言葉も、本当に大事なことも、

表面的な情報だけで判断するのではなく、

言葉と感覚を総動員ですねー。

大事なことを垣間見れたとしても、

その世界の全体を知ることは、

難しいことですが、

その世界観を、まだ見たことがなければ、

完全に未知の世界ですから、

そもそも、その入口に立つことも、

難しいわけです。

(お主は無知の世界)

ですが、そういったことは横に置き、

表に現れる情報だけではなく、

いろんなところに目を向ける習慣ができると、

少なくとも、今より得る情報が増えるので、

人生は楽しくなりそうな気がしますが、

拙者の場合、

無知とはよく遭遇しておりますし、

(一心同体だよな)

加えて、バチともよく遭遇しています・・。

(うん。バチ当たりね)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする