試合の良し悪しはすべて練習の結果なのです

幸せと不幸せ

幸福と不幸という言葉がありますが、

幸福と不幸をわける境界線って、

どこにあるんでしょうかねー?

幸せになります!なんていう言葉を

聞いたりすることがありますが、

その言葉から推察してみると、

普段は幸せじゃないというわけです。

でも、そうなると、幸せって、

俺って不幸だなーと、

普段から思ってる人がなるもの?

ということになってしまいますが、

うーん。普段から、

不幸だなーと思っているのは、

他でもない拙者です・・・。

つまり、

やったぜ、拙者。という感じです。

(知らんがな)

普通と特別

ですが、冷静になって考えてみると、

何か特別な幸せな出来事があって、

その幸せ以降もずっと幸せー。という人は、

少なくとも拙者のまわりにはいません。

つまり、一時的に幸せになっても、

特別な幸せが過ぎていけば、

また、普段のテンションに戻る。

うーん。

そういうのってどうでしょうか?

幸せな人って、普段から幸せじゃない?

と、思うわけです。

まー、エラそうに言ってる拙者も、

つい特別な幸せを求めてしまうわけですが、

冷静に考えてみると、特別なことって、

そう簡単に起こるものではないですねー。

ていうか・・・、

特別にムカつくことはよくありますけど。

(お主は、ムカつくことをしてる側だろ)

特別な何かがあったときに、

幸せだなー。と思えても、

それは、一時的な幸せですから、

普段の生活が幸せだと思えてないと、

すぐに、日常に戻され、

結局、幸せは続かないものですよねー。

練習と結果

幸せにかぎらず、何事もそうでしょうが、

普段でもできないことを、

いきなり本番でやることは無理だし、

それでもやろうと考えるなら、

特別な何かを期待するしかない。

つまり、奇跡よ起きろ!ですねー。

というわけで、拙者も、

奇跡を起こす人を目指して、

精進しようと思うわけです。

(努力の方向が違うんじゃねーか?)

そんなことを書いていると、

こんな言葉を見つけました。

練習と違うことを、

試合でいきなりやることはできないので、

試合の良し悪しはすべて練習の結果なのです。

という、宇佐美里香さんの言葉です。

というわけで、拙者、

真っ向から否定されましたが・・、

(当たり前だ)

拙者が幸せでないのは、

つまり、そういうこと・・・。

幸せになりたいと思いながら、

毎日、特別を求めて生きている拙者では、

永遠に幸せにはなれないんじゃね?

ということですねー。

(人ごとみたいにいうな)

電気がつくのが当たり前

つまり、日々の練習でできないことが、

本番でできるかよ。という話と、

普段の練習に目を向けなくてもいいから、

奇跡を期待しようぜ。という話ですが、

幸福と不幸をわけている境界線って、

こういうことではないでしょうか?

普段から満足している人は、

満足しているので幸せですし、

特別なことが起きれば、さらに幸せですが、

足りないと考え、不満を持つ人は、

最初から不幸であり、

特別なことが起きないと満足できず、

不幸な状態から脱することができないわけです。

ということになると、

特別なことを期待して幸せになろう。

ではなく、

普段、どれだけ己に与えられ、

どれだけ特別であふれていたのか?

ということに気がつば、幸せになれる。

ということになりますねー。

先の東北の震災で、ライフラインがとまり、

不自由な生活をされた方から、

ライフラインが復旧し、電気がついただけで、

あちこちの家から歓声があがった。

というお話を、お聞きしました。

「電気がついてありがたい」という思いと、

「電気がつくのが当たり前」

という、拙者の思いでは、

どちらが、豊かなのかは言うまでもなく、

どちらが賢者に相応しいかも、

言うまでもないわけですから、

ま、同じであるはずが、ないわけですねー。

(人ごとかよ)

つまり、感謝の人生を目指すと、

特別な幸せがなくても、いつも幸せだし、

特別な幸せがあれば、さらに幸せになれる。

ということです。

まー、

誕生日を思うように、祝ってもらえず、

年に一度のスペシャルな日が台無しよ!

などと、怒ってみたりすることもなく、

(誰のことだよ)

また、特別なことが起きることを期待して、

わけのわからんツボを買ってみても、

結局、お金だけ支払って終わりであり、

仮に、特別なことが起きたとしても、

それはまったくの偶然で、

ツボとはなんの関係もなく・・・、

(過去にそういうことがあったんだな・・)

ていうか・・・、

特別なことが起きるツボがあるなら、

是非とも、拙者に教えていただきたい。

と思う、今日この頃ですが、

(本当にお主は、相手の思うツボだな)

つまり、拙者も、

奇跡を起こす人を目指して、

精進していこうと思うわけです。

(お主は奇跡の人より、そろそろ鬼籍の人でいい)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする