感謝とお礼の違い

劣等感と高慢さ

優秀で賢い人ほど、他人の欠点が、

いろいろ見えてしまうものです。

と、こんなことを書きながら、

拙者はバカですので、

いろいろ見えておりません。

というより、人生も見えず、世間も見えず、

視力も悪いので、メガネをかけなければ、

景色すら見えませんが、

ま、あーりがーとさーーん。

という感じです。

(どういうことだよ)

(ていうか、それはアホの坂田さん)

まあ、優秀なので、

仕方がないかもしれませんが、

人の欠点が見えると、

イライラしたり、腹を立てたり、時には、

高圧的な態度をとる人もいるものですねー。

まあ、優秀で賢いのなら、

その賢い己の知恵を、どう使えばいいか?

と、考えればよく、

高慢になる必要はないと思うのですが、

そういう態度を取るということは、

まー、劣等感があるんでしょうか。

自分の方が相手より優位だと誇示し、

その劣等感を回復しようと、

しているのかもしれませんねー。

(いえすあいどぅー)

(それもアホの坂田さん)

ですが、誰かと比べて、

己の劣等感を回復しようとすると、

いつか限界が来ます。

というより、劣等感って、

誰かと比べて優位に立つことによって、

回復していくものではなく、

己の内部で回復することなので、

そもそも、相手が違うよ。

ということですが、

それはともかく・・・、

限界が来る理由のひとつは、

世界は広いので、

必ず勝てない人に出会うということと、

もうひとつは、己を誇示していると、

だんだんと謙虚さがなくなり、

高慢さが顔を出してくるからです。

なぜ、高慢さが顔を出すとまずいのか。

まあ、高慢が顔を出すということは、

「俺って、サイコー!」

と、勘違いするわけですから、

そんな日々が続くと、

だんだんと努力をしなくなるものです。

努力をしないと、成長もありません。

そうなると、いつか限界がくるわけです。

愚か者は高慢

そんな感じで考えてみると、高慢さって、

愚かさの裏返しだと思うわけです。

つまり、無知で愚かな人だったり、

中途半端に賢い人が高慢になる。

つまり、本当に賢い人は、高慢にはならない。

ということです。

ま、拙者は愚か者で高慢という、

どうにもならない状態であり、

とやかく言える立場ではないので、

とりあえず、

アホはなおるよ 必ずなーおーるー♪

と、歌っている今日この頃です。

(歌うしかないんだな)

アホの坂田のテーマ

ま、ようするに、

劣等感を回復するために相手に勝って、

「どうだ!」などと思ったり、

高慢にふるまったとしても、

サイコーって思えるのは、その瞬間だけで、

高慢な人って、サイコーじゃないですよ。

ということですが、

(お主のことだな)

ようするに、拙者、

アイタタ。ということです。

(わかってるじゃねーか)

高慢になる人は、もう勝負に負けている。

と、言ったのは、

カール・ヒルティさんだそうですが、

確かに、謙虚さを欠けば、

成長を続けることは難しいわけです。

成長できないと、現時点で仮に優位だとしても、

今いる場所には、いつまでもいれません。

そう考えると、高慢さを育てた時点で、

確かにもう、負けているわけです。

(あー、まさにお主のことだな)

謙虚さを失い、高慢さを育んでしまうと、

今以上の成長は望めなくなる。ということは、

何かの道・・・、

例えばスポーツや芸事などの、

いわゆる「求道する者」から考えると、

高慢は求道の敵であり、謙虚さは生涯の友。

ということになりますねー。

お礼と感謝の違い

謙虚さのないところにある感謝は、

自己の都合の感謝であり、

本当の感謝ではありません。

自己の都合の感謝って、

ようするに、お礼みたいなものです。

自己の都合の感謝ですから、

その元となる自己の都合がなければ、

感謝もないわけです。

どういうことかというと、感謝とは、

「○○してくれた時にするもの」

であったり、

「○○になってよかった」という時に、

使うものでもありますが、

それは、ようするにお礼であり、

例えるなら、食事をした後に、

「ごちそうさま、ありがとう」という、

感覚と同じであるわけです。

この場合、食事を食べたから、

感謝があるわけで、

食べなければ感謝はない。

つまり、感謝の元となる、

ご飯が食べたいという己の都合がなければ、

ごちそうさまもないわけです。

ま、いってみれば、

「さんきゅー便所まっち」

と、いうことですねー。

(なにがだよ)

(それもアホの坂田さん)

その反面、お礼ではない感謝は、

「生きているだけで感謝」なので、

感謝が起きる条件はありません。

まー、こう考えてみると、

道を譲ってもらっても、

手も上げないドライバーみたいに、

お世話になって、お礼も言えない人は論外。

とか・・・、

また、お店などで、

「俺は客だから」という感じの、

当たり前だろ。みたいな態度とか、

または、高圧的な態度を取る人は、

まるで拙者。と、いうことになりますが。

(己のことはよくわかるよなー)

ようするに、お礼とは何かがあって、

その対応としてするものだけど、

感謝とは何もなくてもあるもの。

ということですねー。

そんな感じで考えてみると、

感謝とは、なにかの勉強みたいに、

学んで終わりというものではなく、

また、学んで要領よくやる程度では、

到達できない場所にあるものですから、

心に高慢さを持ったまま、

感謝かー、なるほどねー。などと考え、

こんな時に使えば、いいんじゃない?

みたいに、使えるものではなく、

己の中にある高慢さを、なんとかしなければ、

お礼ではない感謝はできない。

ということです。

ま、拙者は、お礼もできませんので、

その前の段階ですが・・・、

(なら、なんとかしろよ)

まあ、ようするに・・・、

「来て見てさわって富士通のお店」

という感じで、

体験が必要ということですねー。

(タッチおじさんも坂田さんかー)

富士通さんのCM

賢者は謙虚

そういう感じで考えてみると、

高慢さを持つ人が成功すると、

俺の力だと、勘違いをしてみたり、

よくがんばっても、

「手伝ってくれてありがとう」

と、お礼を言うのが精一杯。

という程度ですから、

それは感謝ではなく、お礼だろ!

ということになるわけですが、

その反面・・・、

謙虚な人が成功した場合、

たまたまこういう仕事が、

己の元にめぐってきて、

たまたまその仕事ができただけで、

ひとりで全てを成し遂げることなんて、

できなかったし、

また、この仕事がめぐってきたのも、

その前に、いろんな人がいて、

己の元に運んできてくれたのだから、

己の力でうまくいったなどと、

とても、言えるものじゃない。

と、考えるものです。

結局、世の中の仕事って、

全て、誰かが求めていることです。

どういうことかというと、

誰かが、何とかしたいなー。

と、思っているから仕事ができるわけで、

誰も必要としてくれなければ、

仕事をすることもできません。

そう考えてみると、

仕事をする以前の問題で、

すでに己の力じゃないわけです。

ですから、己の力で成功したと考える、

まあ、大きな声では言えませんが・・・、

拙者のような人間って、

頭悪いよねーということです。

(見えにくいわ!)

感謝は公 お礼は私

そして、

役割をいただいたことに対して、

感謝ができるということは、

その時点で、感謝していますから、

うまくいってもいかなくても、

感謝の念はありますし、

損得や勝ち負けなどという、

己を中心とした感謝ではありません。

ていうか、その前に・・・、

生きてることに感謝ですから、

食事を注文して、帰るときにレジでいう、

「ありがとう、おいしかったよ」

というお礼とは、

全く次元が違うわけですねー。

ま、それを言うと、

「こちとら、金払ってんだ!」

という態度の人ってどうなるんだい?

って感じですが、

まあ、それはさておき・・・。

(それは、お主のことで論外な)

ようするに、生かされているという、

謙虚な思考に基づく感謝は、己ではなく、

公や他に向いた利他の感謝であり、

高慢や自己中の感謝は、

私、個人に向いている感謝であり、

己が得をしたときにしか出ない感謝。

つまり、あーりがーとさーーん。

ということになるわけで、

そういうのは、お礼で、

まー、挨拶みたいなものだけど、

己を中心としない、利他の感謝は、

己に向いたものではないので、感謝。

ということになるわけですねー。

ということになると、

感謝とは、己ばかりを見るのではなく、

利他を見ているとできるもの。

ということですから、

拙者のような自己中とか高慢な者は、

お世話になったり、心配りをしてもらっても、

やってもらって当たり前。とか、

拙者の当然の権利だ!とか、

よく頑張って、お礼を言うのが精一杯・・。

ということになるわけです。

(拙者、トホホだな)

というわけで・・・、

エラそうに、あーだこーだと書いている、

お礼という挨拶もできない拙者ですが、

(世話になったら、お礼ぐらい言え)

少しはこれまでの行いを反省し、

こちとら、金払ってんだ!

という、お店での態度からまず改めたり、

(嫌な客だな)

また、何かしてもらったときには、

ありがとうと言うことから、

はじめてようと思う今日この頃でござる。

(お主はまず、一段ずつ上がろうな)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする