人生は短いのに・・

諸の欲望にしたがっているあいだは、

心が満足を得ることが無かった。

しかし欲望から退き

休止することを反省して見て、

明らかな智慧によってよく満足した人々は、

実に満足しているのである。

欲望によっては満足することがないから、

明らかな智慧をもって

満足するほうが勝れている。

明らかな智慧をもって満足した人を、

愛執が支配することはできない。

愛欲を貪っている人々は

実に放逸(わがまま)であって、

なしてはならぬことを楽しんでいる。

死の危機が迫って来るのをかれらは見ない。

―――人生は短いのに。

ブッダ真理のことば・感興のことば

中村元先生訳

欲望に従う生き方

欲望に従っている間は、

心が満足を得ることが無かった。

と、文中にはあります。

欲を満たそうと、欲望に従って、

満たせることができれば、

満足し、幸せなんじゃないの?

と、一瞬思いますが、

(え?いつもそう思ってる?)

実は、全然、幸せじゃありませんねー。

欲望に従って、欲を満たすと幸せ。

という、生き方を選択するということは、

反対から言うと、欲を満たせないと不幸、

不満足、ということになります。

苦しみとは、思うようにならないから、

苦しいわけですから、

そういう生き方なら、

欲を満たせなければ苦、

反対に欲を満たせれば幸せ。

ということになる。

てことは、そもそも人生とは、

思うようにならないものであり、

つまり、なかなか欲を満たせないから、

あっしの人生、不幸、不満足。

ということになりますねー。

(どこのあっしだよ)

喜びは幸せという勘違い

そして、さらにー、

欲を満たせた!おー、もーれつ!

という感じで(なんだよいきなり)

うまくいったと喜んで、

幸せだー。と思うのは、

つらくないことだし、喜んでるわけですから

とてもいいことですし、

そういうの、たくさんあるといいですねー。

と・・・、

言いたいところですが、

よくよく考えてみると手放しで喜べません。

実は苦も喜びも、

発生のメカニズムは同じだからニャロメ。

ということです。

(もーれつア太郎かよ)

結論から言えば、苦も楽も、

「何かが起きると自分は揺れる」

ということですが、ようするに、

苦が起きてカナシー。も

喜んでウレシー。も、

喜びか悲しみかの違いで、

何かが起きて、それに反応している。

という、考え方は同じということです。

ということは、

何かが起きて、それに反応する。

という、考え方の習慣があるかぎり、

起きれば、反応。起きれば、反応。

という人生になります。

ようするに、出来事に振り回される人生。

ということになるニャロメ。

出来事に振り回される人生とは、

まわりや誰かの影響によって、

右に行くのか、左に行くのか、

わからないよ。という人生であり、

また、まわりや誰かに影響され、

行動を支配されてしまう人生。

ということでもあり、

もっと言うと、故意に出来事を使って、

まわりにコントロールされるかも

しれない人生。ということニャロメ。

てことは、喜びや楽しいことに支配されず、

幸せだべし。というのはOKですが、

喜びや楽しいことがなければ、

幸せにはなれないべし!

と、なってしまうと、

うまく距離をとるべし!

ということになるわけです。

(なんだよ、べしって)

(もーれつア太郎のサイトを見るべし!)

もーれつア太郎 赤塚不二夫公認サイト

騙す人、騙される人

詐欺などは、

その典型ではないでしょうか?

誰だって、

騙されたくないと思って生きていても、

楽しみや喜びを使われたり、

また逆に、脅かされたり、

また、欲を刺激されたりして、振り回され、

結局、騙されてしまうという事例が、

この世から消えないということは、

ようするに、何かが起きて、それに反応する。

という、習慣があるから、

それを巧みに利用してくるニャロメー。

とらわれない

じゃあ、どうしたらいいのよ。

ということですが、

喜び、楽しみこそが幸せ。

つらさ、悲しさは不幸。という、

単純な考え方ではなく、

もう少し枠を広げて見てみるべし。

ようするに、

つらいことが起きたら悲しくなり、

楽しいことが起きれば喜ぶのは、

誰でもそうだと思いますが、

「だけど、それだけにとらわれない」

という考え方を持ってみるニャロメ。

つまり、楽しいことが起きれば幸せ。

つらいことが起きれば不幸だから、

楽しいことを追い求め、つらいことを避ける。

という、決まった行動習慣があると、

簡単に誘導されてしまうので、

仮に、楽しい、嬉しいという、

欲望が達成されたとしても、

満足は一時的なものであり、

結局、また欲しくなるわけですから、

永遠に満たされることがない。

ということを、理解するべし。

また、つらい出来事に対しては、

結局、とらわれてしまうと、

人生を支配されるのは同じことですから、

雨はいつかやむニャロメ。ぐらいに考えて、

うまく距離をとる習慣を持つのが、

いいのではないでしょうかー。

つらさは悲しい、楽しいは幸せ。は、

人間ならみんな同じですが、

それにとらわれてしまうと、

人生を捧げるようになってしまいます。

人生は短いと、文章にもありますが、

結果ばかり考え、

結果ばかり追いかけている人生って、

少し味気ない人生だと、拙者は思うので、

まー、結果も過程も、

すべてを楽しむことができればいいなー。と、

思っているでニャロメ。

(お主の場合、人生ではなく猫生)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする