楽しい人生

道にもいろいろありますよねえ。

ま、ここでいう道とは、

国道一号線みたいな道路のことではなく、

人の道とか親の道、男の道や女の道、

柔道や剣道、茶道や華道はもちろん、

画家や音楽家の道であったり、

料理人であれば、寿司とかイタリアンとか、

味に納得するまで、試行錯誤をくりかえした、

冷やし中華などのことです。

まあ、いろんな分野というか、

いろんな道があるものですし、

また、どの道のプロを目指すのも、

個人の自由ですが・・・、

なんにせよ、好きでやってる人には、

かなわないものなのでしょうねー。

好きな道

好きでやってる人がやる理由って、

「好きだからやる」ただそれだけですよね。

まあ、いってみれば、

己に正直に行動しているだけでしょうが、

そんな感じで考えてみると、

誰かに言われたからやるとか、

やっておいた方が、ためになるからなどという

なんだかグズグズと、やる理由を並べながら、

やってるような人であれば、

好きでやってる人には、かなわないかなー。

と、思いますので、

拙者も、冷やし中華はじめました。

(なにが?)

好きな人が道の上で向き合うもの

そして好きでやってる人が向き合うことは、

道そのものでしょうが、

拙者が向き合うのは、冷やし中華です。

(夏は過ぎましたが・・。)

誰かに言われたからとか、

やっておいた方がためになるから、

という人たちが、向き合ってるものは、

同じ道を歩いている仲間の上達ぶりとか、

仲間がどこまで歩いたか?という感じの、

いわゆる道ではなく、まわりですねー。

プロを目指して道を歩くということは、

己がどれだけ精進を重ねていけるか?

ということが問題なのですが、

こういう人たちは、己の内側ではなく、

外側が気になるわけです。

ゆえに拙者は、冷やし中華はじめました。

(ゆえにって?)

(現在、ラニーニャ現象みたいです)

片方は道と己と向き合う。

もう片方は、仲間や勝ち負けと向き合う。

そして拙者は、そろそろお正月なのに、

年越しそばではなく、

冷やし中華はじめました。

(12月なのに、真冬の寒気)

まあ、どの分野も同じでしょうが、

例えば「将来、役に立つかも」などと、

他の欲を満たすための計算をして、

道を選択するような人って、

その道が好きな人と比べてみると、

道に対する熱さが違います。

計算で選択するような、ドライな感じの人では、

その道が好きで、熱を持っているような人には、

勝つことはできないだろうなー。と思ったので、

冷麺ではなく、冷やし中華はじめました。

(その二択しかなかったのか?)

結局、己が好きな道って、

己の内側に答えがあるわけですから、

人の目や、まわりばかりを気にして、

生きる習慣がついてしまうと、

己の心と対話する者がおらず、

心が置き去りになってしまいますから、

自分が本当に好きな道って、なに?

ということも、見えなくなるものでしょう。

まあ、拙者は冷やし中華をはじめましたが。

(まだ、やってる)

まわりに気を向けることって、

気配りにもつながるし、

善きことだとは思いますが、

そればかりに意識が向いてしまうと、

今度は自分の心を見失うものですから、

何事もバランスが大事であり、

中道を歩くことが大事なことです。

でなければ、拙者のように、

己の心ばかりを見て、

まわりの心が見えなくなってしまうので、

とりあえず、冷やし中華はじめました。

(まだ、言ってる)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする