鳳源寺と赤穂浪士

鳳源寺と三次浅野藩

鳳源寺とは、初代三次藩藩主である、

浅野長治さんによって、

建立された菩提寺と言われています。

三次藩とは広島藩の支藩で、

現在の広島県三次市あたりにあります。

鳳源寺案内↓

広島藩と言えば、安芸の国。

安芸の国といえば、西国最大の勢力を築いた

毛利氏の拠点ですが、毛利氏は関ヶ原の後に、

周防、長門(今の山口県)に改易され、

その後は福島正則、浅野長晟(ながあきら)へと

主を変えていきます。

ちなみに浅野長晟さんは、

豊臣五奉行筆頭の浅野長政さんの次男です。

浅野家は、秀吉さんの奥様である

おねさんの実家(養女)ですねー。

見えにくいけど、三次浅野藩について↓

義士堂

この鳳源寺の境内の中に、

「義士堂」があります。

義士堂とは、

赤穂浪士47人の木像が安置されている、

お堂のことなのですが、

なぜ、ここに、

赤穂浪士の義士堂があるのか?というと、

初代藩主、浅野長治さんの娘、

阿久利姫(瑤泉院 ようぜんいん)の嫁ぎ先が、

播磨赤穂藩(兵庫県)の浅野長矩さん。

だったからのようです。

三次市観光公式サイト 義士堂

義士堂↓

ちなみに、この義士堂に向き合うかたちで、

合掌した瑤泉院さんの石像があります。

写真を撮るのを忘れてしまいましたので、

興味がある方は、検索してみてくださいねー。

大石内蔵助お手植えの桜

阿久利姫さんが、

浅野長矩さんの元へ輿入れする際に、

赤穂藩から姫を迎えに来たのが、

赤穂事件や忠臣蔵で有名な、赤穂藩家老、

大石良雄(内蔵助 くらのすけ)さん

だったようです。

吉良邸討ち入りの日が12月14日、

ということもあるからでしょうかー。

年末は忠臣蔵というイメージがありますが、

今年もテレビなどで番組があるんでしょうか?

大石内蔵助お手植えの桜↓

このお手植えの桜、今でも春には、

綺麗な花を咲かせてくれているようです。

三次市観光公式サイト 鳳源寺の枝垂桜

瑤泉院遺髪塔

境内の中には、夫の浅野長矩さんの死後、

瑤泉院と称した阿久利姫さんの、

遺髪が納められている供養塔がありますが、

瑤泉院さんのお墓は、

浅野長矩さんや赤穂義士のお墓と共に、

東京の高輪にある泉岳寺にあるようです。

供養塔案内板↓

写真を撮るのが少しはばかられましたので、

案内板だけ撮ったのですが、

三次市さんのサイトには、

写真が掲載されておりましたので、

興味のある方は見てみてください。

三次市観光サイト 瑤泉院遺髪塔

鳳源寺の目の前には、

春は桜、秋はモミジで賑わう、

尾関山公園があります。

みなさんも機会があれば、

立ち寄ってみてくださいねー。