類は友を呼ぶ

友人を選ぶ

友人を選ぼう。

それによりあなたの人生は劇的に変わる。

ゲーテは言う。

「誰とつきあっているか言ってみなさい。そうしたら、君がどんな人であるかを言ってみせよう」

賢者のそばには、常に賢者がいる。

たとえば、ゲーテにとってのシラー(劇作家・詩人。「群盗」「ウィリアム・テル」の作者)である。

ゲーテに学ぶ 賢者の知恵

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

適菜収さん編著

自分を映す鏡

ゲーテは言います・・・。

友人を連れてきなさい。

そうしたら、お主がどんな人間かを

当ててやるからー。ニヤニヤ(超訳)

知り合い程度の仲の人はさておき、

親しく付き合う友人や、恋人やライバルは、

自分を映す鏡だと言いますねー。

えー、まーじー。

あたしっていつもいい人ぶって、

頑張って生きてるのにー、

ツレ見られた時点で本性バレてるってことー?

・・・

はい、そうです・・・。

少し取り乱しそうになりましたが、

気を取り直して続けますと、

類君は友を呼ぶという法則があるように

やはり類君のまわりには、

ネガティブなイケメンが集まる・・・。

まあ、そんなもんです。

まあ、そんなもんではなく、

また、栗原類君でもありませんし、

ただの類は友を呼ぶでしたが、

仲がいいということは、

ようするに、己に相応しい、

己にちょうどいいということですねー。

自分で「いいな」と選択し、

また相手にも「いいな」と、

選ばれるということは、

まあそういうことではないでしょうかー。

あいつが悪いという人

そんな風に考えてみるとー、

「うちの嫁サイテー」とか

「うちの旦那サイテー」とか

言っている人を見かけると、

「選んだのは、オマエだろっ!」

と、ツッコミを入れたくなるものです。

結局、ルイルイは友を呼ぶわけですから・・・

なんか違うと思われた方、

なかなかの観察力ー、

お主やりますなー。ではなく、

ルイルイとは太川陽介さん、

本名、坪倉育生さんの代表曲で、

本当は類は友を呼ぶでしたけど、

よーく、考えておくんなまし!

(いきなりですか?)

類は友を呼ぶというのなら、

「うちの嫁サイテー!」と言うと、

自分が選んだ、自分にちょうどいい人に

サイテーと言ってるわけですから、

「結局オマエもサイテーじゃねえか!」

ということになるわけですよ。

まあ、そのことに気づいていない人

多いですけどねー(遠くを見る)

類は友を呼ぶ

ようするに、瑠偉はゾノを呼び

二人は小野や北澤とともに、

星のドラゴンクエストのCMに、

出演するわけですが・・・

(もう少しで終わりますのでご安心ください)

類は友を呼ぶを反対から見てみると、

「ナスビの蔓にキュウリはならねえ」

ということになります。(なるのか?)

ナスビの蔓にはナスビしかならぬもの。

ということは・・・

おのおの方、世紀の大発見ゆえ

よくお聞きなされよ。

もし、ナスビに囲まれたいのなら、

お主がナスビになればいい、

もし、キュウリに囲まれたいのなら、

まずお主がキュウリになれれば、

キュウリとお主がちょうどよく、

相応しい関係になるので

キュウリを引き寄せることができる!

ということになるのでござる。(はあ?)

ていうかー、

ツレ見られた時点で、本性マジバレー?

なのですから、

外見だけを取り繕うのではなく、

中身もあわせて変化させることで、

囲まれたい人に囲まれて、

生きていくことができますよーという、

ことですから、

早速拙者も、やってみるでござるよ。

(終わりかよ!)