○○ファースト

あらゆる物質や生物には、

私たちが考えているような区別は存在しません。

すべてが自然の法則に従って

微妙に相互作用し合い、

すべてが全体を形作っています。

このように命について深く考えていくと、

私たちが生きている本当の意味、

人間の役割というものが

はっきりとわかってきました。

宇宙とそこに存在する数々の星や輝く太陽、

大地とそれを取り巻く大気、

母なる海、山や川、森やサバンナ、

そこに生きる動物や植物たち、

そして私たち人間もすべてが

自然を構成する一員として生かされており、

そのすべてが一体となって存在しているのです。

死の瞬間に体重が減少する!! 川田薫さん著

すべては一体?

普段からこういう分野を研究していたり、

興味を持って情報を収集している人なら、

まだ何とかなるかもしれませんが、

いきなりこのような話を聞いても

「そうなんだ-、なるほどね。」

と、思えるわけないし・・・。

ステーキじゃないんだから。

と、戸惑う人も、

たくさんいるのかもしれませんが、

川田博士いわく、

あらゆる物質や生物には、

私たちが考えているような区別はない。と

おっしゃるわけです。

縁起という考え方

いきなり「物質や生物に区別はない」

というのは、少し難易度が高いので、

仏教の考え方である、

縁起の話をしてみたいと思いますが、

「今日は縁起がいいねえ。」

というのと、少し意味が違いますので、

「そんなの、読まなくても知ってらあ。」

と思った方、ちょっと聞いておくんなさい。

縁起とは、ざっくりと書くと

この世のすべての存在は、

わたしだけの力で存在しているものはなく、

影響を与え合いながら存在している。

という意味になりますが、

この法を少し説明してみたいと思います。

縁起とは

当然のことですが、

わたしたちには両親がいます。

そのまた両親にも両親が、

そしてその両親にも両親が・・・と

永遠に続いていくわけです。

ということは、

例えば、6代前のおじいちゃんが、

大好きだったおばあちゃんに振られ、

親が決めた相手ともし結婚したとすると、

たったひとり違っただけですが、

今ここに同じ人は生存していないわけです。

そしてもうひとつ、

同じ両親から生まれるという縁が同じでも、

まったく同じ人が生まれてくることも、

ないわけです。

自己紹介をしてみてください

突然ですが、

頭の中で自己紹介をしてみてください。

・・・・・

・・・・

してみました?

ほんとですか?

ふーん。

ふーんじゃありませんね、失礼いたしました。

今していただいた自己紹介。

例えば、○○市に住んでいます。とか、

年齢は○○です。とか、仕事は○○です。

ですよね、多分。

みなさんの自己紹介なのに

「○○」という言葉を使わなければ、

自己紹介ができないと思うのですが

いかがでしょうか。

もしも、

「いや、できるけど」という方がいたら、

ご一報いただきたいものですが、

わたしたちは、

ひとりで生まれてくることもできないし、

自己紹介も「○○」を使わなければできない

存在であるということは

どうやら認めるしかなさそうです。

誰ひとり、自分だけで生きてはいけない存在

簡単な説明でしたが、

いかかだったでしょうか?

このように考えてみると、

「物質や生物に区別はない」

ということまで、理解できなくても

どうやら、相互に影響を与え合わなければ

「我々は存在できない。」

ということは理解できそうです。

電気が使え、水か飲めるのも、

誰かが提供してくれるからであり、

お金を払っているからではありませんし、

それに、そもそも地球がなければ、

水も電気もあったもんじゃないわけです。

このように考えてみると、

おれが、わたしが、という考え方は、

どうやら狭量の考え方のようですが、

そうなると同じ地球に住んでいながら、

○○ファーストという考え方って、

どうなんでしょうかねえ。

このように、

広く大きな目線で世の中を眺めてみると、

今まで見えなかったことが、

たくさん見えてくると思いませんか?

また機会があれば、

縁起について書いてみたいと思いますが、

今回はとりあえず、ここらあたりで。