風林火山と三方ヶ原の戦い

故兵以詐立、以利動、以分合為変者也。

故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、

不動如山、難知如陰、動如雷霆。

掠郷分衆、廓地分利、懸権而動、

先知迂直之計者勝、此軍争之法也。

〇書き下し文

故に兵は詐をもって立ち、利をもって動き、

分合をもって変をなすものなり。

故にその疾きことは風のごとく、

その徐かなることは林のごとく、

侵掠することは火のごとく、

動かざることは山のごとく、

知りがたきことは陰のごとく、

動くことは雷霆のごとし。

郷を掠めて衆を分かち、

地を廓めて利を分かち、

権を懸けて動く。

迂直の計を先知する者は勝つ。

これ軍争の法なり。

〇現代語訳

戦術の根本は、敵をあざむくことである。

行動の決定は、敵をあざむくことによって

作り出された有利な状況の中で行なわれる。

しかもその行動は、兵力の分散と集中が

巧みに行なえるような

変幻自在のものでなければならない。

疾風のように行動するかと思えば、

林のように静まりかえる。

烈火の勢いで襲撃するかと思えば、

泰山のごとく微動だにしない。

暗夜に姿をひそめたかのように

隠密裡に行動するかと思えば、

雷鳴のようにとどろきわたる。

戦闘というものは、敵の村落を襲撃して

人的資源を奪い、

敵地を占領して物的資源を奪うのだが、

何よりも以上のように

変幻自在に行動することだ。

要するに、敵に先んじて

「迂直の計」を用いれば、必ず勝つ。

これが戦闘の原則である。

孫子・呉子  村山孚さん訳

※この記事のアイキャッチ画像である、三方ヶ原古戦場の碑の画像は、浜松市HPさんよりお借りしました。

風林火山と武田信玄

風林火山といえば、

武田信玄を思い浮かべる人が、多いでしょうか。

中井貴一さん主演の大河ドラマ「武田信玄」で

中国から来た僧侶に、

唐の国の言葉で読んでほしいと依頼をし、

其疾如風・・・と、

読んでもらうシーンを覚えています。

若尾文子さん演じる信玄の母、大井の方が

ほぼ毎回、このドラマを締めくくる、

「今宵はここまでに致しとうござりまする。」

という言葉は、

1998年の流行語大賞を受賞しましたが、

このドラマでも、武田軍団は、

風林火山の旗を掲げ、

戦国の世を駆け抜けていました。

迂直の計を使う武田軍団

元亀3年(1572)武田信玄は兵を西に動かし

隊を3隊に分け、織田領の東美濃、

徳川領の三河、遠江に侵攻。

支城を攻略しながら、

ついに徳川家康の居城、浜松城に迫ります。

浜松城には籠城を決めた徳川軍がいましたが、

武田軍は浜松城を素通りして、

さらに西へと向かいます。

素通りされては示しがつかない。

時間を稼ぐため、挑発に乗ったふりをした。

坂を下って素通りする武田軍を、

後ろから攻めるいい好機だと判断した。

など、諸説あるようですが、

籠城をやめ、家臣の反対を押し切り、

家康は兵を率いて城から出ます。

ですが、

家康の目の前には、万全の状態で陣を敷き、

待ち構えている武田軍がいました。

徳川方の有力な家臣が討死し、

織田・徳川連合軍は敗走。

織田方の援軍の将、平手汎秀も

敗走中に打ち取られたようです。

平手汎秀

本当かどうかはわかりませんが、

家康は浜松城に逃げ帰る際に、

恐ろしくて脱糞をしたことを家臣に突っ込まれ

これは味噌だ、と言ったというような

逸話も残っています。

武田軍の使った迂直の計のひとつが、

浜松城を素通りすると見せかけ、

徳川軍を野戦におびき出した、

三方ヶ原の戦いです。

空城の計を使う徳川家康

暗闇の中、浜松城に帰還した家康は、

全ての城門をひらき、かがり火を焚いて

武田軍を待ち構えたといわれます。

兵法36計のひとつ、空城の計です。

やけになったのか家康は、お茶漬けを食べ、

酒を飲み、そのまま寝てしまったそうです。

その姿を見て、家臣はかえって安心したという

逸話もあるようですが、

追撃してきた、寄せ手の山県昌景隊は、

警戒し、躊躇して城を攻めなかったそうです。

迂直の計とは

迂直の計とは、

単純なダマしのテクニックではなく、

自然法則の冷静な観察から生まれたもので、

縮めたければ、まず伸ばしてやる。

弱めたければ、まず強めてやる。

奪いたければ、まず与えてやる。

という、老子の哲学に裏付けられている

村山さんは説かれます。

家康はこのあと、

たびたび、この合戦で死ぬ夢を見るぐらい、

トラウマになったようですが、

それは武田軍団への尊敬とも取れ、

その後も、武田家臣団の残党を抱えるなどして

積極的に徳川家の力としたそうです。

この後も、

静と動は違えど、静動は一体。

虚と実は違えど、虚実は一体。という

迂直の計を使いながら、

江戸幕府をひらいた徳川家康。

今宵はここまでに致しとうござりまする。