仏説無量寿経 正宗分 法蔵発願 四十八願 現代語訳 (超訳)

仏説無量寿経とは

仏説無量寿経は、大無量寿経(大経)ともいわれ

阿弥陀仏の本願が説かれた、

いわゆる浄土三部経(仏説無量寿経、仏説観無量寿経、仏説阿弥陀経)

のひとつになります。

はじめにお釈迦様が、

仏、阿難に語りたまわく・・・というように、

阿難(アーナンダ)尊者を相手に説かれ、

途中からは弥勒菩薩を中心に説かれていくお経です。

四十八願とは

四十八願とは無量寿経に説かれている、

法蔵菩薩の誓願のことです。

法蔵菩薩は阿弥陀仏(無量寿仏)になられる前に

四十八願が成就しなければ

仏(如来)にならないと誓われました。

四十八願文は「説我得仏」からはじまり、

「不取正覚」で結ばれています。

「説我得仏」とは、

たとひ我、仏を得たらんに。という意味で、

現代文でいえば、

たとえわたしが仏(如来)になれるとしても、

という意味です。

「不取正覚」とは、

正覚を取らじ。という意味で

現代文でいえば、

わたしはお覚り(お悟り)をひらきません。

という意味で、

お覚りをひらくとは、

ようするに仏になるということですから、

わたしは仏(如来)にはなりません。

ということになります。

ようするに、ご自身(法蔵菩薩)が

いくら修行を重ねられ、仏になれたとしても、

四十八の誓願が叶えられなければ、

わたしは仏(如来)にはならないということになります。

今回はその四十八願を、

わたし流に「超訳」してみたいと思います。

法蔵発願 四十八願

第1願 設我得仏 国有地獄餓鬼畜生者 不取正覚

我欲に支配されてしまい、他人を傷つけ、自分も傷つける者がいるのなら、私は決して仏になりません。

第2願 設我得仏 国中人天 寿終之後 復更三悪道者 不取正覚

我欲に支配されてしまった、他人を傷つけ、自分も傷つける者に再び戻るなら、私は決して仏になりません。

第3願 設我得仏 国中人天 不悉真金色者 不取正覚

世界も人も全てが輝かないのなら、私は決して仏になりません。

第4願 設我得仏 国中人天 形色不同 有好醜者 不取正覚

全ての人が同じように美しくなければ、私は決して仏になりません。

第5願 設我得仏 国中人天 不識宿命 下至不知 百千億那由他 諸劫事者 不取正覚

全ての人が自分の全ての過去を知り、感謝を持つことができなければ、私は決して仏になりません。

第6願 設我得仏 国中人天 不得天眼 下至不見 百千億那由他 諸仏国者 不取正覚

全ての人が全ての人の過去を知り、思いやりを持つことができなければ、私は決して仏になりません。

第7願 設我得仏 国中人天 不得天耳 下至聞 百千億那由他 諸仏所説 不悉受持者 不取正覚

全ての人が全ての音を聞き、また感じることができなければ、私は決して仏になりません。

第8願 設我得仏 国中人天 不得見他心智 下至不知 百千億那由他 諸仏国中 衆生心念者 不取正覚

全ての人が全ての人の心の声を聞き、自分と同じように全ての人のことを考えることができなければ、私は決して仏になりません。

第9願 設我得仏 国中人天 不得神足 於一念頃 下至不能 超過百千億那由他 諸仏国者 不取正覚

全ての人が行きたいところに行けるようにならなければ、私は決して仏になりません。

第10願 設我得仏 国中人天 若起想念 貪計身者 不取正覚

全ての人が自分という垣根を超え、全ての人とつながることができなければ、私は決して仏になりません。

第11願 設我得仏 国中人天 不住定聚 必至滅度者 不取正覚

全ての人が常に豊かで、穏やかな日々を得ることができなければ、私は決して仏になりません。

第12願 設我得仏 光明有能限量 下至不照 百千億那由他 諸仏国者 不取正覚

全ての人を照らす希望の光に限りがあるのなら、私は決して仏になりません。

第13願 設我得仏 寿命有能限量 下至 百千億那由他劫者 不取正覚

私の寿命に限りがあるのなら、私は決して仏になりません。

第14願 設我得仏 国中声聞 有能計量 下至 三千大千世界 声聞縁覚 於百千劫 悉共計校 知其数者 不取正覚

私の希望を届ける声が、数え尽くせてしまうぐらいなら、私は決して仏になりません。

第15願 設我得仏 国中人天 寿命無能限量 除其本願 修短自在 若不爾者 不取正覚

全ての人の寿命に限りがあるなら、私は決して仏になりません。

第16願 設我得仏 国中人天 乃至聞有 不善名者 不取正覚

全ての人の中に良くない人がいるのなら、私は決して仏になりません。

第17願 設我得仏 十方世界 無量諸仏 不悉咨嗟 称我名者 不取正覚

無上の幸せを知る偉大な方々から、ことごとくほめ称えられるようでなければ、私は決して仏になりません。

第18願 設我得仏 十方衆生 至心信楽 欲生我国 乃至十念 若不生者 不取正覚 唯除五逆 誹謗正法

全ての人が心から幸せになりたいと願い、その全ての人を幸せにできなければ、私は決して仏になりません。そして特に、幸せから遠くにいる人を、私はいつも気にしています。

第19願 設我得仏 十方衆生 発菩提心 修諸功徳 至心発願 欲生我国 臨寿終時 仮令不与 大衆囲繞 現其人前者 不取正覚

全ての人を幸せにしたいと願い行動する人を、私は一人も漏らすことなく、たくさんの仲間たちと共に、幸せの国から迎えに行きます。もし迎えにいけなければ、私は決して仏になりません。

第20願 設我得仏 十方衆生 聞我名号 係念我国 植諸徳本 至心廻向 欲生我国 不果遂者 不取正覚

私と共に幸せになりたいと願うのなら、必ずその願いを叶えます。もしそれが叶えられなければ、私は決して仏になりません。

第21願 設我得仏 国中人天 不悉成満 三十二大人相者 不取正覚

全ての人が喜びに満ち溢れた姿にならなければ、私は決して仏になりません。

第22願 設我得仏 他方仏土 諸菩薩衆 来生我国 究竟必至 一生補処 除其本願 自在所化 為衆生故 被弘誓鎧 積累徳本 度脱一切 遊諸仏国 修菩薩行 供養十方 諸仏如来 開化恒沙 無量衆生 使立無上正真之道 超出常倫 諸地之行 現前修習 普賢之徳 若不爾者 不取正覚

全ての人の幸せを、叶える力になりたいと願う人が、幸せを叶える最高のお手伝いができるようにならなければ、私は決して仏になりません。

第23願 設我得仏 国中菩薩 承仏神力 供養諸仏 一食之頃 不能遍至 無数無量那由他 諸仏国者 不取正覚

たくさんの尊く幸せな人に、すぐにでも会いたいと思い、もし会えないのなら、私は決して仏になりません。

第24願 設我得仏 国中菩薩 在諸仏前 現其徳本 諸所欲求 供養之具 若不如意者 不取正覚

全ての人が欲しいと願うものが得られないのなら、私は決して仏になりません。

第25願 設我得仏 国中菩薩 不能演説 一切智者 不取正覚

全ての人の幸せを、叶える力になりたいと願う人が、その気持ちを思い通りに伝えることができないなら、私は決して仏になりません。

第26願 設我得仏 国中菩薩 不得金剛那羅延身者 不取正覚

全ての人の幸せを、叶える力になりたいと願う人の、願いが叶えられるほど強くなることができなければ、私は決して仏になりません。

第27願 設我得仏 国中人天 一切万物 厳浄光麗 形色殊特 窮微極妙 無能称量 其諸衆生 乃至 逮得天眼 有能明了 弁其名数者 不取正覚

全てのものが最上で、その最上のものを、みんなが知ることができなければ、私は決して仏になりません。

第28願 設我得仏 国中菩薩 乃至少功徳者 不能知見 其道場樹 無量光色 高四百万里者 不取正覚

全ての人の幸せを、叶える力になりたいと願う人の力が微力だとしても、輝く希望の光を見ることができないなら、私は決して仏になりません。

第29願 設我得仏 国中菩薩 若受読経法 諷誦持説 而不得 弁才智慧者 不取正覚

全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、幸せになる智慧を得て、その智慧を伝えることができなければ、私は決して仏になりません。

第30願 設我得仏 国中菩薩 智慧弁才 若可限量者 不取正覚

全ての人の幸せを、叶える力になりたいと願う人の力に、もし限界があるのなら、私は決して仏になりません。

第31願 設我得仏 国土清浄 皆悉照見 十方一切 無量無数 不可思議 諸仏世界 猶如明鏡 覩其面像 若不爾者 不取正覚

清らかで無尽の光が世界を照らすことができなければ、私は決して仏になりません。

第32願 設我得仏 自地已上 至于虚空 宮殿楼観 池流華樹 国中所有 一切万物 皆以無量雑宝 百千種香 而共合成 厳飾奇妙 超諸人天 其香 普熏十方世界 菩薩聞者 皆修仏行 若不如是者 不取正覚

全てのものが最上で、香りも最上な、すべてが美しい世界にならなければ、私は決して仏になりません。

第33願 設我得仏 十方無量不可思議 諸仏世界衆生之類 蒙我光明 触其身者 身心柔軟 超過人天 若不爾者 不取正覚

私の光に包まれ触れた人が、身も心も癒され、身も心も柔がないのなら、私は決して仏になりません。

第34願 設我得仏 十方無量不可思議 諸仏世界衆生之類 聞我名字 不得菩薩 無生法忍 諸深総持者 不取正覚

私の名を聞いて幸せになれないのなら、私は決して仏になりません。

第35願 設我得仏 十方無量不可思議諸仏世界 其有女人 聞我名字 歓喜信楽 発菩提心 厭悪女身 寿終之後 復為女像者 不取正覚

産まれや育ちに関係なく幸せになれないのなら、私は決して仏になりません。

第36願 設我得仏 十方無量不可思議諸仏世界 諸菩薩衆 聞我名字 寿終之後 常修梵行 至成仏道 若不爾者 不取正覚

私の名を聞いて、全ての人の幸せを叶える力になりたいと思わなければ、私は決して仏になりません。

第37願 設我得仏 十方無量不可思議諸仏世界 諸天人民 聞我名字 五体投地 稽首作礼 歓喜信楽 修菩薩行 諸天世人 莫不致敬 若不爾者 不取正覚

あらゆる人々が私の名を聞いて、全ての人の幸せを叶える力になりたいと行動しなければ、私は決して仏になりません。

第38願 設我得仏 国中人天 欲得衣服 随念即至 如仏所讃 応法妙服 自然在身 若有裁縫 擣染浣濯者 不取正覚

尊い光を身にまといたいと願い、その光を身にまとうことができないのなら、私は決して仏になりません。

第39願 設我得仏 国中人天 所受快楽 不如漏尽比丘者 不取正覚

全ての人の幸せが、尊い人の幸せと同じでないのなら、私は決して仏になりません。

第40願 設我得仏 国中菩薩 随意欲見 十方無量厳浄仏土 応時如願 於宝樹中 皆悉照見 猶如明鏡 覩其面像。 若不爾者 不取正覚

全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、幸せな国を簡単に、そしてたくさん見てまわれないのなら、私は決して仏になりません。

第41願 設我得仏 他方国土 諸菩薩衆 聞我名字 至于得仏 諸根闕陋 不具足者 不取正覚

全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、元気でないのなら、私は決して仏になりません。

第42願 設我得仏 他方国土 諸菩薩衆 聞我名字 皆悉逮得 清浄解脱三昧 住是三昧 一発意頃 供養 無量不可思議諸仏世尊 而不失定意 若不爾者 不取正覚

私の名を聞いた、全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人全てに、等しく力が与えられなければ、私は決して仏になりません。

第43願 設我得仏 他方国土 諸菩薩衆 聞我名字 寿終之後 生尊貴家 若不爾者 不取正覚

私の名を聞いた、全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、永遠の尊さを手にすることができなければ、私は決して仏になりません。

第44願設我得仏 他方国土 諸菩薩衆 聞我名字 歓喜踊躍 修菩薩行 具足徳本 若不爾者 不取正覚

私の名を聞いた、全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、幸せを叶える力になろうと、より一層励み、様々な尊い経験をすることができなければ、私は決して仏になりません。

第45願 設我得仏 他方国土 諸菩薩衆 聞我名字 皆悉逮得 普等三昧 住是三昧 至于成仏 常見 無量不可思議一切諸仏 若不爾者 不取正覚

私の名を聞いて、全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、みんな同じで、みんな一体だと思えなければ、私は決して仏になりません。

第46願 設我得仏 国中菩薩 随其志願 所欲聞法 自然得聞 若不爾者 不取正覚

全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、そのために知りたい知識を自然に得ることができなければ、私は決して仏になりません。

第47願 設我得仏 他方国土 諸菩薩衆 聞我名字 不即得至 不退転者 不取正覚

私の名を聞いて、全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、永遠の幸せを得ることができなければ、私は決して仏になりません。

第48願 設我得仏 他方国土 諸菩薩衆 聞我名字 不即得至 第一第二第三法忍 於諸仏法 不能即得 不退転者 不取正覚

私の名を聞いて、全ての人の幸せを叶える力になりたいと願う人が、全ての力を身につけて、永遠の幸せを得ることができなければ、、私は決して仏になりません。

浄土真宗の味わいとして、

わたし流に超訳いたしました。

願以此功徳(がんにしくどく)

平等施一切(びょうどうせいっさい)

同発菩提心(どうほつぼだいしん)

往生安楽国(おうじょうあんらっこく)

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏・・・