白骨の御文章 五帖目第十六通 蓮如上人 (超訳)

夫(それ)、人間の浮生(ふしょう)なる相をつらつら観ずるに、

おおよそはかなきものは、この世の始中終(しちゅうじゅう)、

幻の如くなる一期(いちご)なり。

さればいまだ万歳(まんざい)の人身(にんじん)を

うけたりという事をきかず、一生過ぎやすし。

今にいたりて、たれ(誰)か百年の形体(ぎょうたい)を保つべきや

我やさき(先)人やさき、きょうともしらずあすともしらず

おくれさきだつ(遅れ先立つ)人は、

もとの雫、すえ(末)の露よりもしげしといえり

されば朝(あした)には紅顔(こうがん)ありて

夕(ゆうべ)には白骨となれる身なり

すでに無常の風きたりぬれば

すなわちふたつのまなこ(二つの眼)たちまちにとじ

ひとつのいき(息)ながくたえ(絶え)ぬれば

紅顔むなしく変じて

桃李(とうり)のよそおい(装い)をうしない(失い)ぬるときは

六親眷属(ろくしんけんぞく)あつまりてなげきかなしめ(嘆き悲しめ)ども

さらにその甲斐あるべからず

さてしもあるべき事ならねばとて野外におくりて

夜半(よわ)のけむり(煙)となしはてぬれば、

ただ白骨のみぞ残れり

あわれ(憐れ)というも、なかなかおろか(愚か)なり。

されば人間のはかなきことは

老少不定(ろうしょうふじょう)のさかい(境界)なれば

たれ(誰)の人もはやく後生の一大事を心にかけて

阿弥陀仏をふかくたのみまいらせて、念仏もうすべきものなり。

あなかしこ あなかしこ

白骨の御文章 五帖目第十六通 蓮如上人

超訳 白骨の御文章

人間の生き様をよく見てみると

浮草のように儚いものだと思うのは、

生まれては死んでゆく幻のような人生です。

儚いものですから、一万年生きた人もおりません。

人の生涯とはすぐに過ぎゆくものであり、

今に至るまで、百年生きたという人もそうおりません。

わたしが先に人生を終えるかも知れないし、

他人が先かも知れない。

また、寿命が尽きるのが今日かも知れないし、

明日かも知れない。

そして、死に遅れただの、先立ったなどという話は、

木に落ちる雫や、根本にある露の数よりも多いものです。

そのようなことですから、朝には顔色がよく元気であっても、

夕方にはもう白骨になっているのが、私たち人間というものなのです。

この世のものは全て、常に同じ状態ではいられないというのは

世の法則のひとつである無常でありますが、

その無常の風が人間に吹いてくれば、

二つの眼はたちまちに閉じてしまい、呼吸も絶えてしまいます。

肌も美しく、桃のようにどれだけ美しい姿であっても、

その姿をひとたび失えば、親類縁者がすべて集まり嘆き悲しんでも、

もう二度と時が戻ることはありません。

やむをえずにお別れをし、火葬をすれば、煙となり、

もうそこに残るのは白骨のみということを考えてみると、

人間とは儚く憐れな存在であり、また愚かなものなのではないでしょうか。

人間が儚く死んでいくことは、老いも若きにも関係ないものです。

一刻も早く死と向き合い、またこれからの生き方と向き合い、

その生死という一大事を深く阿弥陀様におたのみし、

お念仏されていくのがよいでしょう。

畏れ多いことです。もったいないことです。

注釈

浮生(ふしょう)なる相・・・浮草のような儚い姿

この世の始中終・・・少年、中年、老年、という一生

されば朝は紅顔ありて、夕には白骨となれる身なり

浄土真宗第8代 蓮如上人の著された

「白骨の御文章」をわたし流に超訳してみました。

ちなみに御文章とは本願寺派の呼び方で

大谷派では白骨の御文(おふみ)と呼ばれているそうです。

みなさんは、明日には白骨になるかもしれない我が身だということを忘れ、

ちいさな利益や名声や、満足感ばかりに気を取られて

生きているのでしょうか?

それとも、明日もし白骨になっても悔いはないと思える人生を、

生きようとされているのでしょうか?

夜半の煙となしはてぬれば、ただ白骨のみぞ残れり

生前にどんな生き方をしようとも、

いのちが尽き、火葬されてしまえば、

ただの白骨になってしまうのが人間です。

また、財産や名誉など、欲ばかりを追いかけても、

形あるものは、何ひとつ持っていくことはできないものですが、

唯一遺せるものは、生き方なのではないでしょうか。

好き勝手に生きれば、悪名と共に名は残り、

人のためによく生きても、名前と共に功績も残るものです。

まさに、織田信長が好んだ小唄

「死のうは一定。しのび草には何をしよぞ。一定語りおこすよの。」

ですね。