一日十人のありがとう

そのご婦人が小学校三年ぐらいのときだったと言います。

お父さんが、事情があって自殺をなすったそうです。

お母さんが自分に、諄々と説いてくれた。

お父さんが自殺をなすったということ、

人の噂は七十五日と言って、噂の消えるときもある。

けれども、これから長い人生の中で、

あなたが学校に入るとき、就職をするとき、

結婚をするときには、必ず

「あの家は、お父さんが自殺をなすったからね」

そういうことがささやかれる。

そして知らなかった人まで、

「へえ、そう。あの人、なんとなしに暗いと思ったら、やっぱりお父さん、自殺したの」

と言う。

知らない人までが自殺したことを口にして、

自分の縁というものが

だんだんとみじめなものになってくることがある。

それだけは消えることはない、

覚悟しなさいとおっしゃったそうです。

学校に入るとき、就職をするとき、

必ずお父さんの自殺が顔を出す。

そしてそのことを知らなかった人までが、

そのお父さんの自殺を知ることによって、

あなたの人生を駄目にする。

それだけは避けることはできないよとおっしゃったそうです。

「どうして生きたらいいの」とお母さんに聞いたら、

「それもね、乗り越えることはできる。それは一日、十人の人に、真心を込めてありがとうというあいさつをすること。一日十人の方にありがとうというあいさつをしたら、一年間三六五〇人の人に、素晴らしい行為ができることなんだよ」

そのことをお母さんは言い残してくださったそうです。

一日十人の人に、ありがとうと言うこと。

そのありがとうという言葉を、

最初は半信半疑でありがとうと言っていたけど、

だんだんとありがとうという言葉を使い出すと、

一人一人のありがたさが見えてくる。

そのありがたさが見えてくると、

ありがとうじゃなくて「寒いですね」とか

「お元気ですか」「夕べは眠れましたか」

あいさつのボキャブラリーがどんどんと増えてくる。

生きることの喜び、

生き生きとした感情というものが出てくる。

それが出てくると、みんなの笑顔が見えてくる。

一日十人のありがとうが、自分の世界を作ったといいました。

やるなら決めよ 決めたら迷うな 石川洋さん著

己の愚を認める

わたしは幸せになる道の第一歩は、

まずは己の愚を認めることだと思っています。

愚を認めるといっても、それは自虐ではなく、

また、卑下することでもありません。

非常にざっくりとした説明で、

申し訳ないのですが、

わたしも精一杯やっているが、

これはどう見ても、

わたしだけの力では成し得なかった。

ということに「気づく」ということです。

そして、それには

「己の愚を認める」というところを

一度通らなければ、

本当に心から気づくことは難しいものです。

賢さからは高慢も育つ

己を拠り所として生きたり、

己が賢いと思っている生き方は、

己を拠り所にして生きるということですから、

それはやがて

「まわりは間違っている、わたしこそが正しい」

という考えに育ち、

そこから、高慢へと成長していきます。

また、己を拠り所として生きる生き方は、

真理を追究するような、

ストイックな厳しさを持った生き方で、

一見、問題ないようにも思えますが、

逆にいえば、努力をしていない自分は、

認めることができないということですから、

心の中には悲壮感があり、寂しく孤独です。

高慢さから生まれる考え方は、

「すべてはわたしの力」です。

「すべてはわたしの力」という生き方では

感謝に気づきにくいわけです。

感謝は絶対に通らなければならない道

己の愚を認めたその次に必要なものは、

感謝だと思っています。

己の愚を認めようとしなくても、

心から感謝ができ、

感謝に気づける謙虚な人であれば、

必要ありませんが、

幸せで、豊かな人生に必要なのは、

感謝という道であり、

ここを外しては、真の穏やかさや豊かさに、

到達することはできません。

愚に気づき、感謝、自由自在、慈悲

わたしはまず、己の愚さを知ることで、

心からの感謝と、

愛を感じることができると思っています。

心に高慢さがあれば、心からではなく、

感謝が計算や表面的なものになるからです。

そして心からの感謝を得ることができると、

自由自在に生きれるようになります。

高慢さがあれば、そのプライドを維持するため

いろんな手段を講じなければなりませんが、

高慢さを手放すということは、

執着という重りが減るわけですから、

減っただけ軽くなるのは当然だからです。

わたしの持っていた執着という荷物が減れば、

それだけ楽になるわけですから、

荷物がたくさんあるときには、

考えもしなかったこと

ようするに、

「誰かの荷物を持ってあげようかな?」

という気持ちが、持てるようになります。

そして最後は、

だんだんと慈悲の境地へと向かっていく。

この流れが「幸せへのひとつの道」だと

わたしは確信しています。

非常にザックリ書いてみると

「誰ひとり同じ人間はいなくて、そしてそれぞれに役割があり、また生かされている。いろんなことがあっても、それは全てギフトだ。世の中はなんて素晴らしく、また全ては愛しい存在なのだろう・・・」

というようなことでしょうか。

そしてその感謝への扉を開ける行のひとつが、

今回、石川先生が紹介してくれた

「一日十人のありがとう」や、

以前書かせていただいた、小林正観先生の

ありがとう 50000回 体験談

ありがとう 年齢×1万回 体験談

ありがとう 年齢×2万回 体験談

ありがとう 年齢×3万回 体験談

ではないかと思うわけです。

わたしは実際に

「一日十人のありがとう」は

やったことがありませんが、

その効果は確信できると思います。

もし、効果が出ないという事であれば、

それを邪魔しているのは高慢やエゴであり

真心を込めて、

ありがとうと伝えることを邪魔をする、

「俺が、わたしが」という心ですので、

己の愚を認めるところから、

または、それと並行しながら、

この行をしてみていただければいいのですが

文章に書かれているように、

最初は半信半疑でも、

間違いなく変化が現れてくると思います。

真理とは

「どっちにしようかなー」というような、

あいまいで、また迷うようなものではなく、

圧倒的なもので、比類なきものです。

その比類なき世界を、

少しだけ垣間見るだけでも、

その壮大さがわかるはずですので、

あまり深く考えずに、

楽な気持ちでやってみることをお勧めします。