快楽?いらんわー。笑

わたしはこのように聞いた。

或るとき尊師は、サーヴァッティー市のジェータ林・

(孤独な人々に食を給する人)の園にとどまっておられた。

そのときアーラヴィカー尼は、早朝に衣をつけ、

鉢と衣とを手に執って、托鉢のためにサーヴァッティー市に入って行った。

サーヴァッティー市で托鉢したのち、食後に、食事から還ってきて、

独り離れていたいと思って、うす暗い密林に近づいた。

さて悪魔・悪しき者は、アーラヴィカー尼に、

身の毛もよだつほどの恐怖を起こさせようとして、

独り離れて住むのをやめさせようとして、アーラヴィカー尼に近づいた。

近づいてから、アーラヴィカー尼に詩を以て語りかけた。

「世の中では逃れ去るということはできないのだ。独り離れて遠ざかっていても、何になるのだね?愛欲の快楽を味わえ。あとで後悔なさるな。」

ところでアーラヴィカー尼はこのように思った。

ー「詩をとなえているこの者は誰なのだろう?人間なのであろうか?あるいは人間ならざる者なのであろうか?」

そこでアーラヴィカー尼は、このように思った。

-「これは、悪魔・悪しき者が、わたしに、身の毛もよだつほどの恐怖を起こさせようとして、独り離れて住むのをやめさせようとして、詩をとなえたのだ。」

ついでアーラヴィカー尼は「これは悪魔・悪しき者である」と知って、

悪魔・悪しき者に向って詩を以て答えた、

-「世の中には遁れ去るということがある。わたしは智慧によってそれを達成しました。怠け者の親族・悪しき者よ、そなたはその境地を知っていない。愛欲は剣や槍のようなものである。かれらを構成する諸要素は、断頭台である。そなたが愛欲の快楽と呼ぶものは、わたしにとっては不快なのである」と。

そこで悪魔・悪しき者は、

「アーラヴィカー尼はわたしのことを知っているのだ」と気づいて、

打ち萎れ、憂いに沈み、その場で消え失せた。

サンユッタ・ニカーヤII、中村元先生訳

尼僧に関する集成 第一節 アーラヴィカー尼

人は人の中で生きていきます

「逃れ去る」と「遁れ去る」

言葉の違いの真意は、

愚かなわたしには読み取ることができませんが、

いずれにしても、人は世の中から逃げることは出来ません。

「愛欲の快楽を味わえ。あとで後悔なさるな。」

という世界に住むものもいれば、

アーラヴィカー尼のように

「そなたが愛欲の快楽と呼ぶものは、わたしにとっては不快なのである」

という世界に住んでいる人もいます。

「ひとり一宇宙」などと、俗に言ったりもしますが、

同じ時間、同じ場所に住んでいても、

それぞれに心の中の世界観は違うわけです。

快と不快

なぜ、悪魔・悪しき者にとっては魅力があるもので、

アーラヴィカー尼にとっては不快なのか。

それは、愛欲には悦びもある反面、

思い通りにならない苦や、

手に入れては悦び、失えば悲しむように、

状況によって感情が上がったり下がったりするような、

表裏一体の苦がつきまとうからであり、

愛欲を追い求め続けるかぎり、

穏やかな心を持ち続けることは難しいからです。

「穏やかな心を持ち続けることができる安らかな世界」と、

「愛欲の快楽を追い求める世界」

この二つの世界を、両方ともに知ることができれば、

誰でも、二つの世界を比べてみることができるようになります。

そうなれば、

「どちらの世界に住みたいか?」という質問に対しては、

誰かに誘惑され、強制されたとしても、

自信を持って答えを出すことができるはずです。

愛欲とはどういうものか

愛欲という快楽を追い求めていく世界については、

わたしたちは自然的・反復的にできるため、

わざわざ勉強する必要がありません。

一方、愛欲は剣や槍のようなものであり、

断頭台のように身を滅ぼすものだという世界に至るには、

わたしたちは自然的にその方向に向かったり、

その世界に住んだりすることができないため、

勉強や、経験などが少し必要になります。

その学びのことを「智慧」と言いますが、

アーラヴィカー尼は

愛欲は剣や槍のようなものであることを知る智慧を持ち、

それを実感している境地にいるわけです。

ただ、知っているか知らないかだけ

「○○しかない世界」と

「○○と○○がある世界」を比べた場合、

選択肢がひとつ増えるわけですから、

選択肢が多い方が生き方が変わります。

今、多くの人が愛欲にしか目を向けれないのは、

ようするに、その世界しか知らないだけであり、

個人の資質や能力などの問題ではなく、

仏教的に言えば、無明(明るくない)ということであり、

ようするに、勉強をしていないだけです。

このように考えてみると、少しの経験と勉強で、

人生と生き方が全く変わってくるわけですから、

本当にもったいないことだと思うわけです。